保育士の専門学校の種類とは

保育を学べる教育機関にも大学・短大などがありますが保育士の専門学校もそのひとつで、国家資格を取得し保育園や保育所への就職を目指す人をはじめ多くの学生が学んでいます。

その種類もひとつではなく保育士の専門学校には文科省・厚労省認可の指定校とそうでない併修校があり、どちらを選べば良いのかと迷う人も少なくありません。多くの場合指定校は2年制で併修校は3年制となっており、どちらの場合でも保育や幼稚園教諭の国家資格を取得することは出来ますが、資格の取得のしかたや取得できる資格に違いがあるので、自分の目的に合った保育士の専門学校を選ぶようにするとよいでしょう。

指定校は文科省や厚労省の認可を受けた学校であるため、授業を受けて単位を取得し卒業すれば同時に国家資格が与えられることになりますが、併修校はこれらの認可を受けていない学校であるため、保育士の専門学校を卒業しただけでは資格を取得することはできません。保育や幼稚園教諭の国家資格を取得するには短期大学などの通信課程も修了する必要があります。

これだけを見ると併修校のメリットが無いように思われがちですが、卒業すれば短期大学卒と同等の扱いとなったり、受講した内容によって他に福祉系の資格を取得できる場合もあるため、就職先の選択肢に幅が出るメリットもあります。このように様々な学校があるため、自分が通う保育士の専門学校を選ぶには、かかる期間や取得できる資格の内容なども考えて選ぶのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *