保育士の専門学校は自分に合った通い方が選べる

保育士になるためには、専門学校だけでなく短大や4年制大学に通う、主に通信教育で学ぶという選択肢もあります。

短大と専門学校では学ぶ期間が同じ2年なのであまり差がなく、専門学校の方が費用が少なく済むことが多いため、その分メリットがあるとも言えます。経験と知識、費用の面でバランスが良いため、専門学校を選択する人は多いです。専門学校は、昼間だけでなく夜間や休日にも開講している学校があるため、自分の環境に合わせた通い方の選択も可能です。

卒業と同時に資格取得できる学校も多く、同時に幼稚園教諭の資格を取得できる学校もあります。両方の資格を持っていれば認定こども園でも働きやすい、再就職時に選択肢が増えるなど様々なメリットもあります。通う期間は2年制と3年制があり、保育士は現場経験も重要なので早く現場で経験を積みたいという人には2年制がおすすめです。幼稚園教諭の資格も確実に取りたいということであれば、3年制でじっくり勉強するのもおすすめです。

保育士になるためには資格取得だけでなく、就職してすぐに現場で活躍できる力も求められるため、実際にこどもと触れ合う機会が多い学校を選ぶことも大切です。校内で地域のこどもと触れ合える仕組みが作られている学校もあるので、実際にこどもと触れ合いながら学びたいという人には特におすすめです。

近年の保育士不足により、自治体が資格取得や待遇、家賃への補助金を出しているところもあるので、学ぶための費用を抑えることも可能です。以前よりも費用面を気にせず自分の行きたい学校を選べる環境があるので、各学校を比較して自分に合う学校を見つけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *