保育士の専門学校に通うメリットとは

保育士とは、保育園や各種の保育所にて就学前の子どもたちの世話をする専門職です。

現在、女性の就労が増えているなどの諸事情もあって、各地で人手不足が叫ばれています。子どもの命を預かる仕事なので責任は重いですが、その分成長を間近にできるやりがいや感慨があります。保育士になるには二通りの方法があります。一つ目は、保育士養成の短大や専門学校を卒業して、資格を得る方法です。

座学で保育に必要な知識を学ぶのはもちろん、実習で実際に子どもたちと触れ合い、世話を行います。二つ目は、筆記試験と実技試験のある国家試験に合格することです。こちらは実習等は必要とされていません。
試験を受けることで国家資格を得られ、なおかつ就職状況も良いというのは非常に珍しいことです。こうしたメリットから社会人で資格を取得しようとする人たちもいますが、保育園などの採用する側からすると、養成施設を卒業した人の方を採用したいと考える傾向があります。

専門学校などを卒業している人材は、実習を経て実際に子どもたちとの関わりを経ています。資格だけを取得した人材の中には子どもと全く接したことのない人もいることと比べると、どちらが即戦力となるかは明らかです。
また、養成施設を卒業しているというのは、それだけ保育士という職業への志が高いことの表れでもあります。この点からも、専門学校を卒業している人を保育士として採用したいと保育園が考えるのは、自然なことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *