保育士の資格をとるには専門学校に行く必要がある?

待機児童の問題が叫ばれる中、保育士不足も懸念されています。

裏を返せば需要が多いということです。保育士の資格を取って子どもたちの笑顔に囲まれたいけれど、難しいのでは・・・と二の足を踏んではいませんか。保育士の資格はいろんな方法でとることができるのです。まず、専門教育を受けて卒業と同時に免許を取得できるという方法です。厚生労働省が指定している大学、短大、専門学校に通い、カリキュラムをこなすことでとることができます。

進学時に将来が定まっている場合はこの方法が一般的だといえます。メリットとしては保育についてじっくり勉強ができる、保育実習がしっかりやれる、ということですが、デメリットとしては時間がかかる、授業料などの負担が大きい、ということになります。一方、保育士専門学校などに通っていなくても保育士試験を受けて合格し、取得するというものです。よく、通信教育の人気項目にもあがっているのですが、試験を受けるには条件があります。

保育関係以外の学部や学科でよいのですが、大学、短大を卒業もしくは卒業見込み、2年以上の専門学校を卒業または卒業見込み、または児童福祉施設で一定時間以上の保護に従事している、などがあります。受験資格がない場合は、たとえ合格したとしても無効となる場合があります。
ですから、学校を卒業後に保育に興味を持つ、あるいはパートや非常勤の「保育士見習い」といった立場で一定以上保育に携わっていれば資格を取得することができます。無理だとはなからあきらめる必要はありません。特に子育て経験があると優遇される場合も多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *