保育士に転職するなら専門学校が適している理由

ここ数年で保育士の労働条件は、格段に改善されてきました。

以前は、低賃金の上、長時間労働が当たり前の職場でしたから、結婚や出産を機に退職する人が多く、また、その後復職する人が少ないことが、保育士が不足する要員の一つだとも言われてきました。しかしながら、最近の求人を見てみると、残業なしが確約されていたり、有給休暇制度が充実したものが多いことに気づきます。

さらに、賃金単価についても上昇カーブを描いています。こういった現状から、保育士への転職を試みる人が増えていますが、そのためには、国家資格を取得しなければなりません。当面の仕事を続けながら転職仕様とする場合、大学や短大に通うことは、現実的には難しいことから、一般的には通信講座などを受講して国家試験に合格するか、専門学校に通うことが現実的な選択となりますが、基礎からじっくり学ぶのであれば専門学校が適していると言えるでしょう。

さて、専門学校で国家資格の取得を試みる場合、2年又は3年のコースを選択することになりますが、一般的な知識を身に着け、少しでも早く現場で働きたいという希望を持っているのであれば2年のコースが適しています。

なお、卒業後の就職先については、専門学校でも紹介してくれますし、非常に需要の大きい職種ですから、転職サイトなどでも好条件の求人が揃っていますので自分が働きたいと思う職場をよく吟味しておけば、比較的簡単に転職先を探し出すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *