専門学校を卒業して保育士になる方法

待機児童の問題が大きく取り上げられるようになり、保育士への転職を希望する人が増えています。人のためになる、やりがいのあり仕事であることが、その大きな理由ですが、同時に求人数も多く、好条件の転職先が多いこともその魅力です。ただし、ベビーシッターのように無資格で転職できるわけではなく、国家資格の取得が必要ですから、求人を探す前に資格を取得することから始めなければなりません。

保育士の国家資格の取得方法は、国家試験に合格するか、厚生大臣が指定した4年制大学もしくは短大、専門学校の課程を修了する2種類があります。転職する場合だと、大半の人々が現在の仕事を続けながら、資格取得に向けた勉強を行うことになりますから、専門学校もしくは国家試験を受験する方法に絞られます。

国家資格に合格するには、通信講座などを受講することが必要ですが、どちらかと言えば、これまで何らかの形で保育の勉強や仕事の経験をしている人には適していますが、ゼロから勉強を始めようという人には難しい内容です。全くゼロから始めるのであれば、専門学校が適していると言えるでしょう。

専門学校には、2年のコースと3年のコースがありますが、転職を希望する人は、仕事を続けながら学校に行く期間はできる限り短期間である方が良いとして、2年コースを選択する人が多いようです。専門学校の課程を修了すれば、別に国家試験を受験する必要はありませんから、卒業と同時に保育士の仕事に就くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *