保育士の専門学校を選ぶ基準

保育士の専門学校は全国にありますが、まず指定校と併修校の違いを知っておいた方が選ぶ際に役立ちます。

指定校は、厚生労働省から保育士養成施設としての指定を受けているので、卒業するとそれだけで資格を取得できます。もちろん、きちんと専門学校で定められたカリキュラムをこなす必要があるため、だからといって楽だというわけではない点に注意してください。

併修校は、短大の通信課程など、指定されている学校にも在籍して、それを卒業することで資格を取る学校です。専門学校と短大の両方の単位を取得しなければなりませんし、通信課程といっても一定のスクリーニングに参加する必要はありますから、やや複雑で大変です。

しかし、両方ともきちんと卒業することができれば、短大卒の資格も手に入るというメリットがあります。そして、保育士の専門学校には、中間と夜間があります。両方のコースを併設しているところが多いです。

昼間は昼間に通いますが、夜間は比較的遅い時間に授業がありますので、仕事をしながら通うということもできます。昼は2年、夜は3年というのが基本ですが、夜間でも昼間の時間を多めにとっている学校では、2年で卒業をすることができるコースもあります。このように、単に保育士の専門学校と行っても選択肢は豊富に用意されています。

これ以外にも、施設のや就職サポートの充実度など、評価のポイントは有りますから、しっかりと比較をして選ぶのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *