保育士の専門学校が資格取得に有利な理由

保育士を養成する専門学校を卒業して、保育所などに転職する人が増えています。

求人の数が非常に多いこと、労働条件が改善され、働きやすい職場づくりが成されてきたことが、その要因と考えられますが、この状況は今後もしばらくは続くものと思われます。というのも、夫婦のライフスタイルが変化し、共働きの家庭が増えたことがあげられます。

とりわけ、女性が正社員として働くことが一般的になってきましたから、延長保育や休日保育の需要が高まっているのです。そのため、転職先も保育所のほか、託児所や障害児施設など非常に多岐にわたっています。

さて、保育士になるには、国家資格を取得しなければなりませんが、厚生労働大臣が指定する大学や短大、専門学校であれば、全てのカリキュラムを修了して卒業すれば、受験しなくとも国家資格が取得できますから、転職希望の人は専門学校を選ぶ人が多いのです。

もう一つ、国家試験に合格して資格を取得する方法もありますが、難易度が高く仕事を続けながら取得するには時間がかかってしまいます。なお、保育士の専門学校は、概ね2年か3年のコースになりますが、現場で早く働きたいのであれば2年制が適しており、将来を見据えて幼稚園教諭などを目指すなら3年制を選択すると良いでしょう。

いずれにせよ、保育士になるには、保育に対する幅広い知識が必要ですから、まずは専門学校に入学して一生懸命、勉強することが必要であり、努力すればきっと良い結果が待っているものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *