専門学校が保育士になるために最適な理由

保育士は、子どもたちの日々の成長を肌で感じられる、非常にやりがいのある仕事です。

また、共働き世帯が増えたことによって、その需要は年々拡大しており今後もその傾向は変わらないでしょう。

また、就職先についても、保育所や幼稚園の他に、託児所、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、
母子生活支援施設、乳児院、病院、助産施設、児童家庭支援センター、児童館など多岐にわたっており、転職先としても注目を集めています。

さて、保育士になるためには国家資格の取得が必須となりますが、厚生労働大臣が指定する大学、
短大、専門学校に入学し、定められた課程を修了すれば、受験しなくとも国家資格を習得できますから、特に転職を希望する場合であれば、専門学校を卒業することが最適でしょう。

なお、2年制と3年制の2種類がありますが、幼稚園教諭の資格を目指すのであれば3年制を選択しなければなりません。

また、専門学校によっては、夜間課程を導入している学校もありますから、転職を希望する人にとっては、当面、今の仕事を続けられますから、体力的には厳しい面がありますが、経済的には安定した中で保育士資格が取得できるのは大きなメリットです。

保育士については、その処遇が問題視されたこともありました、待機児童の問題もあり、年々改善されており、その将来性を考えても非常に期待ができる職業であることに違いありません。なお、転職先については、専門学校から紹介がありますし、保育士に特化した転職サイトもありますから心配はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *