専門学校に通って保育士資格を取得するメリットとは

保育士を目指す人にとって、保育士資格を取得することは非常に重要なことです。

たとえ資格がなくとも、保育士として仕事就くことはできますが、
給料の面でも差があったり、できることにも差が出てきます。

保育士資格を取得する方法として、大学や短大に通う方法、専門学校に通う方法、通信教育で勉強する方法など様々な方法が考えられます。

その中で専門学校で資格を取るメリットは、2年間で資格を取得できることや、
学校によっては幼稚園教諭2種免許などほかの資格も同時に取得できることなどです。気をつけなければならないことの一つが、専門学校にも種類があるということです。

専門学校には文科省、厚労省指定校と併修校の2種類があります。前者は一般的に指定校と呼ばれるもので、卒業と同時に資格を取得することができます。

しかし、併修校の場合には、認可を受けていない学校であるため、通信制短大を併修したうえで、資格取得を目指す必要があるでしょう。面倒なようにも感じますが、卒業すれば短大卒と同等の扱いになるので、あえてこちらを目指す人も多く見られます。専門学校では、実践的な指導を受けることが期待できます。

卒業後にすぐに実践として役立つ知識や技術などを習得できる可能性が高いと言えるでしょう。入学してすぐにカリキュラムに実習が組み込まれている学校もあるので、専門的な勉強をしたいという人にはぴったりと言えます。

学校によって特色があるので、自分が必要とするサポートが受けられる学校を見極めたうえで選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *