保育士資格は専門学校以外でも取得できます

保育士になるためには、2年間で資格が取得できる、都道府県知事指定の専門学校に通うことが効率的です。

しかし、保育の仕事は多くの児童と関わるものであり、児童心理学や教育学、社会学など様々な知識が必要です。

専門学校で早くに資格を取り、現場での実践的なことを経験することは非常に重要ですが、大学で幅広い知識を得ることも大切です。

保育士資格を取得できる大学では、様々な科目を学習します。また、大学に通う期間は4年間と長いので、専門の科目以外の学習や、アルバイトなど多くの時間を使用することも可能です。また、専門学校に通うのは大学卒業後でも可能です。

早くに保育士を専門にすることを決めていても、専門学校入学後に、ミスマッチだったと気づくこともあり得ます。

保育士の資格が取得できる大学だと、仮に保育の業界を目指すことがなくなったとしても、他の就職先や進学先を見つけることは十分に可能です。また、短大でも保育士資格は取得できますが、短大の課程は2年間です。

これでは専門学校と変わらないため、幅広い知識を身につけるためには、非常に短い期間です。確かに、2年間で資格が取得でき、保育の現場で働けるということには、大きな利点があります。

しかし、保育の業界で独立や開業を目指すのなら、経営学、経済学、会計などの幅広い知識が必要になります。このような知識を現場で働く前に身につけておくためには、大学で資格を取得する方が、とても効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *