専門学校で保育士の資格取得

保育士は国家資格です。資格を持っていなくても保育所等で働く事は出来ますが、保育士を名乗る事は出来ません。

又、資格を持っている方が就職や収入の面で有利になります。資格を取得する為には大きく分けて2つの選択肢があります。

年に2回行われる試験を受けて合格する方法(筆記試験と実技試験があります)、
そしてもう一つ厚生労働大臣指定の保育士を養成する学校で所定の課程を履修して卒業すれば改めて受験しなくても資格を取得出来ます。

保育士を志す人が高等学校卒業後に4年制大学に進学すると教養課程として幅広く一般の学習も義務化されます。短期大学では4年制より時間は少なくなりますが、やはり一般教養課程があります。

それに比べて専門学校ではより専門課程に特化した授業内容となります。専門学校とは大学と同様に一定の基準の下に各都道府県知事の設置認可を受けている専門課程を置く教育機関の事です。

文部科学省・厚生労働省指定校であれば卒業と同時に資格を取得出来ます。授業料は大学より安価ですが、2年間昼間に通学するのでその意味では大学と同じく仕事との両立は難しいでしょう。又、資格取得に必要な学習や実技実習等を2年間で修めるので学校生活は多忙になります。

数ある保育の専門学校には特色があります。卒業後に即戦力になれる様に実習を多く行う所、ピアノやお遊戯等に力を入れている所、保育士と共に幼稚園教諭の資格も取得出来る所、就職やその後のサポートが充実している所等色々です。

学校を選ぶ上では自分が何に重点を置くかをよく考える必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *