多くのメリットがある専門学校での保育士免許の取得

保育士の資格を取得する方法はさまざまあります。

四年制の大学、短期大学、専門学校、通信教育などです。

この中でも専門学校での保育士免許の取得はたくさんの有意義な体験ができるなどの多くのメリットがあります。

専門学校での免許取得は通常2年の専門課程を受講することで手に入れることができます。四年制の大学よりも短い期間です。

また入学も比較的簡単です。四年制の大学や短期大学ではその学校のレベルに応じた学力が必要ですが、
専門学校は、入学して専門分野のみの学習を行うため高度な学力がなくても入学することができます。

一番優れている点は授業カリキュラムです。主に免許を取得して即戦力で業務ができることを目的とした内容です。

現場での実習により多くの力を入れている施設もあります。実際の現場での体験がたくさんできることで、卒業後に就職した施設での業務にすんなり入り込むことができます。

講師の先生方に現役で働いている保育士の方が多くいるのも強みです。生の現場の声を聴くことが現場での知識向上になります。また卒業時には就職のアドバイス、斡旋も行ってくれるので、就職情報をたくさん手に入れることができ、自分の条件に合った環境の施設に就職することができます。また夜間コースを設けている施設もあります。働きながら有効に時間を使い、資格を取得することも可能です。

このように専門学校は保育の分野のスペシャリストを養成することが目的です。実際の現場に即した授業を受けることで、身をもって保育士という業務を実感できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *