富士ゼロックスのトナーの回収方法について

富士ゼロックスでは地球環境保全活動の一環として資源の有効活用のため、リサイクルシステムを構築しています。

富士ゼロックス製の使用済みカートリッジ(トナー・ドラム)の回収方法ですが、まずは回収できるのは富士ゼロックス製のカートリッジ(トナー・ドラム)のみとなります。

富士ゼロックス製でも純正トナーカートリッジ以外の製品の回収をすることは出来ません。

キャノンのトナーをご提案いたします。

(改造したものや富士ゼロックス以外で再充填したり再利用した製品などは回収の対象外になります)他社の製品の材質の特性や品質・安全性を保証することが出来ないからです。



使用済みのカートリッジ(トナー・ドラム)は購入時に使用していた梱包材(梱包されていた箱、ビニール袋、緩衝材)を利用してしまいます。

輸送時の破損や傷などのトラブルを防ぐためです。

梱包材に関しても再利用の対象となっています。


回収の申し込みはWEBページ、電話、FAXで申し込みます。


16時までに連絡すると、翌営業日の回収が可能です。土曜日の電話受付は午前中で終了するので注意が必要です。

こちらの教えて!gooについて詳しく知りたいならこのサイトです。

ただし土曜日、日曜日、祝日の回収は行っていません。一部地域などでは回収が翌々営業日になる場合もあります。


使用済みカートリッジはたとえ1本からでも申し込みをすることが可能です。

配送業者が回収に向かいます。

2本以上のカートリッジを回収に出す場合は、2本が輸送時に離れないように梱包用テープで2箇所巻くようにして下さい。

関連リンク

キャノンの複合機のトナー


最近のオフィスでは、コピーやファックスや印刷やスキャナーが一体化した複合機を利用していて大部分はリース契約をしています。ですから、トナーは無償です。...

OKIのトナーの特徴とは


OKIは、業務用プリンターとして有名な企業です。業界で初めて、LEDを作像に使用した事で、一気に注目を集めました。...